探偵に浮気調査を依頼する時の料金・費用相場

探偵に浮気調査を依頼するとき、誰もが一番に気になるのは浮気調査の費用ですよね?
浮気調査をためらう人は、その大半が費用の問題がネックとなっている人が多いです。

なぜなら、浮気調査を依頼する人の大半が探偵業界に詳しくはありません。

この業界は昔から閉鎖的な環境の中にあります。
そのおかげで調査手法などが明らかにならず、浮気調査が成功させやすい環境を作っているのも事実。

ですが、その弊害として料金の実態について、あまり世間に明らかになっていないのも問題。
多くの人が、探偵への依頼=高いと考えています。

しかし、実際はそうでもありません。
今や探偵業界は金銭的余裕がなくとも、相談次第で誰でも依頼が可能な時代となっています。

探偵に浮気調査を依頼すると費用はどの程度かかる?

探偵業界では20~30万円前後が相場になります。
これから探偵事務所に依頼する人は、この金額を基準に考えてみるといいでしょう。

ですが、相場はあくまで相場です。
浮気調査を依頼する場合の費用の相場は正確には計算できません。

というのも探偵業界には費用に関する取り決めは一切存在しないためです。
そのため、探偵事務所ごとの裁量により料金が決定するので、同じ依頼内容であっても、驚くほど高い事務所もあれば、はるかに相場を下回る料金で調査を受ける事務所があります。

ただし、料金設定は無法地帯になっているわけではありません。
おおむねの相場に関しては、調査業団体(探偵事務所の協会)ごとに相場が計算され、それをもとに料金設定をするように促されてます。

また、競合他社の料金を見ながら自社の料金を設定する事務所が多いので、その金額は自然と次のようになります。

調査員2名×1時間=10,000〜15,000円

さらに依頼内容によっても調査時間や調査員の数も変わります。
ですが、浮気調査の依頼期間はだいたい3日〜4日間という依頼が多く、一日で多くとも6時間程度の調査が終了するケースが多いので、およそ20~30万円が浮気調査の相場と言われているのです。

調査料金の内訳

浮気調査の料金の内訳は、主に人件費、機材の使用費用、交通費となっています。
中でも人件費は重要で、調査費用の大半を占めています。

ですから、もし費用削減を狙うなら、まずは人件費から検討するほかありません。

人件費とは調査員の人数×時間

浮気調査における人件費とは、探偵事務所で働く調査員を、あなたの依頼のために働かせる費用と言っていいでしょう。

人件費の計算は稼働時間×人数で決まりますし、調査員ごとに値段が変わるようなことはありません。

ただし、人件費は深夜になると料金が割り増しになる探偵事務所もあるので注意しましょう。

機材の費用は特殊機材ほど高い

探偵事務所では調査のために特殊な機材を使うこともあり、場合によっては機材費が高額になることもあります。

ですが、浮気調査に関していえばそれほど特殊な機材を用いることもありませんし、ナイトビジョンなどの特殊機材であっても、機材費に含めるケースはあまりないです。
浮気調査で使う機材はビデオカメラor一眼レフカメラとコンパクトデジタルカメラ、そして調査車両ぐらいです。

これらの使用料は一律で計算されているので、おおむね1~2万円前後の事務所が大半で、調査費用全体からみると1割に満たない程度になるでしょう。

交通費は遠方ほどかかる

浮気調査の費用の中で忘れてならないのが交通費です。
交通費にはガソリン、公共交通機関を使った移動費などが主な内容となっています。

交通費は一度の調査でさほどかかりませんし、大抵の事務所一律で設定しているので、驚くような金額になることはまずありません。

ですが、海外に向かうターゲット(対象者)を追うようなケースでは、国内で調査をしたあと、そのまま現地に飛ぶという無茶なプランを組んだせいで、10万円近い交通費が発生するというケースもあります。

事前にターゲットが遠方に出向くとわかっていれば、できるだけ交通費が発生しないよう、現地の探偵事務所が担当することで交通費を浮かすこともできますが、ターゲットがいきなり遠方に向かうような場合では、発生する費用について十分に確認したほうがいいです。

浮気調査の料金体系・プランによっても費用が変わってくる

浮気調査の費用は、料金体系(プラン)によって多きく変わります。

たとえ同じ依頼であっても、そのプランが違えば金額に10万円前後の開きがでることもあるので、できるだけ様々なプランでの見積もりを出してもらいましょう。

時間料金型

時間料金型は探偵業界でもっとも普及している料金計算方法になります。

例え時間料金型でなくとも、基本的には「1時間×調査員の人数」で金額を計算するので、すべての探偵事務所が採用していると言っても過言ではありません。

ただし、この基本を押さえた上で、定額プランにするようなケースや、時間を1時間ではなく、30分ごとにするなどの派生形が多く存在します。

パック料金型

パック料金型とは、決められた時間を購入(パック)することで、よりリーズナブルな価格で調査を提供できるプランです。
基本的な計算方法は時間制とかわりありませんが、同じ時間でもパック料金のほうが安く設定されていることが多いのが特徴です。

ただし、一定の時間を購入するので、簡単な調査の場合は購入したパック料金よりも、基本的な時間料金で依頼したほうが安くすむこともあります。

なお、パック料金についわかりにくいと思った人は、携帯電話の定額料金を思い出してみるとわかりやすいでしょう。

成功報酬型

成功報酬型は、探偵業界や弁護士業界でよくみられる料金プランです。

読んで字のごとく、成功報酬により料金をもらうプラン。
もし失敗した場合は一切費用をもらないか、前金だけを支払う探偵事務所が多いです。

他のプランの場合、調査が失敗した場合でも一定の料金を支払わなければならないのに対して、成功報酬型のほうが調査に失敗した場合のリスクが少なく、難しく成功するかわからない依頼をする時のリスクヘッジになります。

ただし、成功報酬型はトラブルが多いプランであるのも事実です。

他のプランとは違い、料金が高めに設定されていることが多いのもこのプランの特徴です。
できるだけ安い料金で確実な調査を依頼したいなら、あまりオススメはできません。

また、成功に関する条件については必ず確認しなくてはなりません。

たとえば、探偵事務所側が「当社側のミスなく調査を完了した場合」を成功としている場合、その調査で浮気が見つからなかったとしても、成功報酬全額を支払うことになります。

成功報酬制度にはそのようなデメリットもあることから、必ず成功条件について確認しなくてはなりません。

もし、成功条件が曖昧な場合は、絶対に契約を結ばないでください。

最終目的の違いによっても費用の相場が変わる

浮気調査の費用は依頼内容によって大きく変わります。

依頼内容による変化は、「調査の手間」に依存するところが大きく、手間かかる=時間と人員をかける=費用が掛かるという構図になっています。

ですから、依頼内容が簡単であるほど、当然費用も安くなるので、自分の依頼目的をしっかりと探偵事務所に伝えるようにしましょう。

浮気の真偽だけ確認する

浮気があったかどうかだけ知りたいという場合、報告書が必要ないという依頼の人も多いでしょう。

この場合は、浮気調査の時間も人員も機材も削ることができるので、浮気調査の費用は格段に安くなります。

ただし、調査員が目視で確認しただけでは、のちのち相手が浮気を否定した場合に、その嘘をつきくず材料がありません。
できればきちんと報告書をもらい、不貞行為の証拠を持っていたほうが無難です。

不貞の証拠を抑えて慰謝料を請求する

不貞(浮気)の証拠をしっかりと押さえて、慰謝料を請求するつもりなら、基本的な報告書の作成まで行ってもらいましょう。

探偵事務所では、何も提案しなければ、浮気調査を行う場合には必ず報告書を作成してくれます。

探偵事務所が作成する報告書は裁判での使用を前提としているため、慰謝料請求では心強い武器となってくれます。

証拠を抑え、相手の住所など詳細を知る

浮気の証拠を押さえるついでに、浮気相手の住所などの詳細についても詳しく調べてもらうほうがいいでしょう。

浮気相手に慰謝料を請求する場合は、請求書を送るためにも相手の本名と住所、もしくは勤務先の住所が必要になります。

弁護士事務所でも電話番号から相手の素性について照会してくれますが、最近ではそもそもの電話番号がわからなかったり、照会に応じてくれなかったりする場合も考えられます。

また、相手にも家族がいた場合、浮気相手の配偶者からも慰謝料請求がやってくる可能性が高いため、いくら弁護士といっても慰謝料請求そのものが難しい可能性もあります。

もし資金に余裕があれば、探偵事務所に浮気相手の素性についても調べてもらいましょう。

こんな場合は、調査費用が高額になる

浮気調査費用は常に相場通りとは限りません。

はじめに提示された金額が相場通りだったとしても、調査の進み方次第では最終的に費用が高額になってしまうケースもあります。

浮気調査が長期化した

当初は3日で終わるはずだった浮気調査が、いざ調査をはめたとたん長期化する場合が存在します。

これはプランそのものが破綻し、まったく別の調査プランを組み立てなくては調査が進まなくなることも。
このケースに陥ってしまう場合、その多くはターゲットが高い警戒心を持っていることに気が付かなかった場合です。

ターゲットが警戒している場合、どうしても調査を一時中止することも増えてしまい、結果的に調査回数が増え、費用が見積もりよりも高くなりやすいのです。

浮気調査が延長になった

浮気調査を依頼したものの、調査が長引いてしまい、当初の見積もりより料金が高くなってしまう場合があります。

ただし、探偵事務所側が何の連絡もなく調査を延長することはありません。

浮気調査では契約時間内に不貞行為の証拠が取れないと判断した場合、相談員(カウンセラー)を通じて依頼者に調査を延長するかどうか話し合いが持たれます。
ここで延長すると依頼者が伝えなければ、調査はそのまま終了し、料金にも変動はありません。

ですが、浮気調査をせっかく依頼したのに証拠が取れないことに我慢できなかったり、あと少しで証拠が取れそうだと感じたりしたなら、延長して調査を継続するのも一つの方法です。

浮気調査の料金を安くおさえる方法

浮気調査は高いと思われがちですが、今では探偵事務所側の努力や、コストパフォーマンスに優れたプランの登場によって、様々な節約が通用するようになりました。

浮気調査の費用が節約できるなんて、普通なら考えもしないことでしょうが、実際に次のような方法で浮気調査の費用を削減することができます。

自分で浮気の証拠をある程度集めておく

自分自身で浮気の証拠を集めておくことで、探偵事務所側に依頼する内容を減らし、浮気調査の費用を節約することができます。

たとえば、あなた自身の調査により浮気相手の写真、不貞行為があったことが推察できるLINEの文章まで集めておけば、それだけで不貞行為を証明することも可能です。

しかし、写真や文章だけでは相手に反論されると弱く、裁判にまでもつれ込むと負ける可能性もでてきます。

そこで、実際に不貞行為があったことを確実にするため、一度だけ不貞行為の現場を押さえればOK。
これであなたが手に入れた証拠をセットにすれば、過去の不貞行為の回数についても証明でき、高額慰謝料を狙う準備が整います。
同じことを探偵事務所への依頼だけですますと、不貞行為も最低2度は確認しなくてはならず、その費用は莫大になります。

ですが、自分であるていど証拠を集め、最後の〆として探偵事務所に調査を依頼すれば、その費用は大幅に削減できるのです。

浮気調査を依頼する時はまず見積もりをお願いしましょう

浮気調査といっても、そのすべてが高額とは限りません。
プランや依頼内容によっては相場をはるかに下回る料金で依頼できるものもあるので、一度探偵事務所の無料相談を使い、見積もりをもらってみるでしょう。

また、見積もりは一か所にするのではなく、複数個所からもらうほうが効果的です。
浮気調査の料金は事務所ごとに大きく違うので、いくつかの探偵事務所から見積もりを取り、自分の予算にピッタリの事務所を探してみてはどうでしょうか?

パートナーの行動が怪しいと思ったら 原一探偵事務所へ

原一探偵事務所